かわち歯科のいきいきデンタル報、毎日元気にお口の健康を保とう

次項有その他の歯の豆知識はこちらです

自分にあった歯ブラシを選ぼう

毎日使う歯ブラシ、種類が多すぎて何を使っていいかわからない方はいませんか?その方のために自分にあった歯ブラシの探し方をご紹介します。

虫歯予防におすすめ歯ブラシ

歯ブラシのヘッドは小さめから普通くらいがいいでしょう。あまり大きすぎると細かいところまで磨けないのでお勧めできません。硬さは普通の硬さが一番です。硬すぎるのは汚れは落ちやすいですが、自分の歯肉を刺激しすぎてしまい、歯茎が下がってしまう可能性があります。逆にやわらか過ぎはプラークが落ちにくいので普通の方にはおすすめできません。柔らかい歯ブラシを使う時は、歯茎に炎症が強くあって歯茎の隙間に積極的にいれて清掃する際に使用するので、歯科医師や歯科衛生士の指示があった時に使用するとよいでしょう。

 

奥歯を磨くのに適した歯ブラシ

奥歯は歯ブラシが届きにくいのでヘッドが小さい歯ブラシやネックも細いものがよいでしょう。

 

 

歯周病のかたの歯ブラシ

歯周病の方は歯と歯の間がしっかり磨けるように毛先が細いものや炎症が強い方は柔らかめの歯ブラシを使用するといいでしょう。

 

歯ブラシの保管方法 

しっかりと洗う。

強めの流水下で歯ブラシの毛先の部分をよく洗いましょう。

水気をしっかりときること

歯ブラシを洗ったあとは水気をきりましょう、細菌が繁殖しやすくなります。

風通しのよいところで保管しましょう。

キャップはしないでしっかりと乾燥しやすい場所がおすすめです。清潔なティッシュで水気をふいておくのもいいでしょう。

ブラシの部分を上にして個別に保管するといいでしょう。

より清潔にはやく乾燥させるためにも個別で上向きに置きましょう。

 

 

 

交換の目安

毛先が開いてきたりしたら交換の時期です。平均一ヶ月程で新品と交換することをおすすめしています。

▲このページのトップに戻る