インプラント専門の手術

インプラントを少しでもお考えの方はこちらを必ずお読み下さい。

次項有インプラントでお悩みの方はこちらをクリック

インプラントはチタンの人工歯根(ネジ)を骨に埋め込む専門の手術です。これを聞くと第一印象は怖いと思います。ですがこれを読んでる方は今まで何本か歯を抜いたり、痛いときがあったりと大変だった時期を乗り越えられた方だと思います。そのような大変な苦労と比べるとインプラント手術は怖くないです。大丈夫です。いわゆるインプラントを入れる方は抜歯を経験されてます。抜歯は患者さん自身からすると歯がなくなるわけですから本当にショックでストレスになったと思います。麻酔をして痛い思いをしてしかも歯が無くなるわけですから気分的にいいことありません。ですがインプラント手術は希望があります。やはり手術は好きな人はいないですが後に歯が入って噛めるようになることをワクワクしながら受ける手術は他にはないと思います。手術も「思った以上に早く終わった」という方も多いのも安心ですね。一度お口の中でお困りでしたら桑名市のかわち歯科クリニックにご相談下さい。
                           かわいいインプラントでよくある質問はこちら

かわいい桑名市のインプラントオフィスかわち歯科クリニック専門サイトはこちら

 

インプラントの歴史

いまのインプラントのはじまりは、だいたい90年以上年前であり、その後の多種の改良がほどこされ世界で多種のインプラントが用いられています。インプラントの歴史の過程として骨膜下インプラント、その後にチタンのインプラント、その後に骨結合型のインプラントがでてきました。そしてこれが非常に進化をとげました。チタンという金属には、お医者さんの外科などの医療の場で骨が折れたりした時に固定するボルトに使われています。ですから体にも安全な金属になります。チタンはインプラント治療に大きな役目を果たしました。

インプラント、入れ歯、ブリッジ

歯を補う方法は、大きくわけて3つあり、インプラントと入れ歯(義歯)とブリッジになります。

入れ歯(義歯)は大きくて異物感が強く、しゃべりにくい、噛みにくい、気持ち悪い、バネのかかってる歯がすぐ悪くなるという方が多いです。義手や義足と一緒で道具なのでなかなかすぐにはうまくはいきません。

ブリッジは歯を削り支えをつくって被せる固定式のものですが、これも支えの歯が悪くなりやすいです。

インプラントは高いです。手術も必要です。治療期間も長いです。

ですがそれにはかえられないメリットが多いです。自分の歯と同じように噛めて異物感もないので入れ歯やブリッジの欠点がすべて解決されます。

インプラントのメリットははかりしれません。このデメリットである値段が高い、手術必要、治療期間長いことをご理解されていただける方にとっては最高の治療法になるでしょう。

 

                               かわいい義歯(入れ歯)で悩まれてるかたはこちら

インプラント手術まで

インプラント手術までにはいろいろな過程があります。もしあなたがインプラント手術をしたいと希望されたとき、その歯がまずなんでなくなったかを考えます。これはインプラントをしてから非常に大切になってきます。もし歯周病で歯を失ったとしたら、他の今の歯はどうなってますか?おそらく隣の歯も大変弱い状態になっていると思います。その状態で何も考えずにインプラントだけをすれば必ず失敗します。

インプラントをする前には、何でもそうですが基礎をしっかりとさせなければいけません。例えば家を建築する場合、土壌がぬかるみの状態で家を建ててもすぐに傾いて倒れてしまいます。考え方はこれと一緒です。ですからまずお口の中に治療を優先するべきことがあればそれからしないといけません。歯周病が重い方はその処置もしなければいけません。

目先の治療ではなく基礎をしっかりやってこそ良い結果や良い治療ができるのです

                     

                             かわいいインプラントのよくある質問はこちら

インプラントのメリット、デメリット

 

インプラントのメリットとは?

 歯を削らないので自分の歯に対する負担がまったくありません。

  自分の歯と同じ感覚でお食事ができます。取り外しも必要ありません。

  いままでわずらわしかった取り外しの義歯(入れ歯)をもういれなくてもよくなります。

  入れ歯よりも、見た目もよく発音もしやすくしゃべりやすく人前で大きく笑え自信がもてます。

  よく食べれるので毎日の生活の質の向上が期待できます。

 

インプラント治療のデメリットとは?



1)手術が必要であること(だいたい1時間〜2時間)

2)治療期間が長いことがあげられます。インプラント治療は骨にチタンの人工歯根を埋入する方法です。
          例えば、骨折の場合も固定してから治るのには時間がかかります。
          それと同じことで、埋めてから骨と結合するには時間が必要になります。
          時間が必要であり3ヶ月から8ヶ月待つ場合もあります。

3)値段が高いことです。インプラント治療は健康保険の対象外です。
        

こののようなメリット、デメリットを知ったうえで、歯科医師と話し合って、ご自身がインプラント治療に納得してから治療を受けるようにしましょう。

▲このページのトップに戻る