舌痛症とは

舌痛症とは舌がヒリヒリして火傷したような灼熱感を感じたりします、また炎症もないのにピリピリと舌の先端が感じたりし非常に不快感があると言われています。

 

これは見た目の所見は異常は見られなく特に問題がないことが多いです。

 

舌痛症の患者さんの割合は特に女性に多くみられ更年期の40歳から50歳が一番多いと言われています。

 

舌痛症は約半分に味覚障害を伴うことが多いと言われています。

 

原因は今のところはっきりとは分かっていないことも多く、可能性として、金属アレルギーや差し歯、入れ歯などの物理的刺激が原因であることも多いと言われています。

 

味覚障害が伴っている場合は亜鉛が不足していることも多いので亜鉛を含んでいる食物をよくとることをオススメします。

 

亜鉛が含まれる食べ物は穀類、肉類、魚類、豆類、卵類とあらゆるものに含まれていますが、特に牡蠣には多く含まれるので食べてみるのもいいでしょう。

 

ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れの関係も最近指摘されてますので体全体の体調も管理が必要です。

 

他には心因性要素を大きく関わっており几帳面なかたに多いとも言われています。ですから気にすれば気にするほど気になってしまい症状が悪化してしまう場合もあるようです。

 

治療法は原因がはっきりしないためはっきりとは言えませんが入れ歯や差し歯、かぶせ物が原因で起こっている舌痛症であればこれを治療すれば改善されるでしょう。

 

血液中の亜鉛濃度が少ない場合は亜鉛の多い食べ物をバランスよく摂取することも重要です。

 

精神的なものに関しては精神科にて抗うつ薬をしようすることもあるようです。

 

舌痛症以外で舌が痛くなる病気として貧血や糖尿病、高血圧、ビタミンB欠乏、カンジダ症、薬剤の副作用、口腔乾燥症でも舌が痛くなることがあります。

 

桑名市のかわち歯科クリニックではな舌痛症の方のご相談に応じておりますので気軽にご相談ください。

症状を診断させていただき、症例により希望があれば名古屋の関連病院への紹介状もおわたしできます。

▲このページのトップに戻る