できるだけ削らないMI治療とは

MI治療とはminimal interventionの略で、当院のモットーでもあります。


これはできるだけ歯を削らずに歯を残す治療の考え方です。

 

今までは虫歯になったら虫歯のところだけでなく詰め物が外れないように削るのが一般的でした。

 

このように大きく削るとまた虫歯が出来てしまった時に、神経を取らないといけなかったり歯が破折する原因の一つにもなります。

 

そうなると歯の寿命が短くなったりして歯を抜かないといけなくなってしまうことも多かったのも事実です。

 

MI治療では基本的には余分なところはできるだけ削らないで虫歯のところのみを詰めていきます。


一度削ってしまった歯は元にはもどりません。

 

このようなMi治療を導入することで歯の寿命を長くしていくことが少しでもできたらいいと思います。

 

できるだけ削らないMI治療なら桑名市のかわち歯科クリニックにご相談下さい。

できるだけ削らないMI治療のメリット、デメリット

 

MI治療のメリット 

 

理由1 自分の歯をできるだけ多く残すことができる

 

理由2

歯の神経を取る頻度が非常に少なくすることができる。

 
理由3

麻酔の回数を少なくできるので患者さんの負担を少なくできる

 
理由4

必要最小限の切削量なので極力痛みを少なくできる。

 

デメリット

従来神経をとる必要がある歯でも神経を残して治療をトライするので治療後も痛みが出る事があり神経が炎症をおこして不可逆的な要素になった場合は神経をとるひつようがある。

症例により保険治療でできる基本的な虫歯治療と、保険が効かないセメントなどをつかう自費治療になることがある。

軟化象牙質を残して殺菌する薬を使う場合は接着性が弱いので取れやすいことがある。

 

一般の歯医者さんの治療では虫歯があったら予防拡大といって虫歯がなりやすそうなところの場所まで余分に削ることが多く歯を削る量が非常に多いのは事実です。これは間違った治療法でもないのも事実です。

ですが最近はできるだけ削らないMI治療が主流となってきつつあります。

神経ギリギリの大きい虫歯の時は今までは神経をすぐにとってしまうことが一般的でしたがMI治療では痛みの程度、症状などを考慮して神経が残せる可能性があれば残して治療を進めていくことが多いです。

しかし神経の近くまで進んでいる虫歯はMi治療を施してもどうしても神経に炎症がでてしまい神経をとらざるをえない状態になることがあります。

ですからMI治療では患者さんの理解がなければトラブルにもつながりかねません、そのためインフォームドコンセントが非常に重要になってきます。

患者さんが治療に対しての理解を得て、満足する治療をするためにはお互いの信頼関係も重要になります。

当院ではインフォームドコンセントを重要視し、患者さんに治療内容を理解していただいたうえでできるだけ削らない治療を提供したいと思っております。

MI治療に使ういろいろな道具

ダイアグノデント

虫歯の疑いがあるところにレーザーをあてて虫歯を発見する器具です。虫歯が小さいうちから発見できるため最小限の切削量ですみます。

溝が深い場合でも歯を傷めずに検査をすることが可能となりました。

虫歯チェック液

虫歯のところにこの液を塗ることで虫歯の部分がわかり余計なところを削らずに治療することができます。

MIダイヤモンドバー

削るバーの先端を小さくすることで余計な歯質を削る量を少なくできます。

MIスチールバー

ステンレス素材を使うことで健康な歯質を削る量を抑えます。

▲このページのトップに戻る