歯科の金属アレルギー

最近、ピアスや指輪などで金属アレルギーがでる方が多くなってきているように思います。このようにアレルギーの方やアレルギー予備軍の方は注意が必要です。おわかりだと思いますが歯医者の治療に銀歯をつかいます。これは、口の中の金属というのはイオン化して溶け出しやすく、あなたの体に良くない影響を与える可能性があります。悪い影響が出た場合は、手足があれたりかゆくなったり、いろいろな症状がでてきます。 口の中の金属のアレルギーはピアスや指輪による感作によってでやすくなる場合があります。その時症状がない場合でも金属感作が徐々にたまって後に発症する可能性があります。

歯科での金属アレルギーを回避するには

歯科が原因の金属アレルギーは金属の部分をセラミックにすべておきかえる必要があります。しょうがなく虫歯などで歯を治す場合はセラミック治療であるファイバーセラミックや人工ダイヤモンドともいわれるジルコニアなどを選択するといいでしょう。入れ歯では金属を使わないスマートデンチャー、歯を補う方法としては生体親和性がいいチタンのインプラントを選択するといいでしょう。まずは毎日の歯磨きや定期的な歯科検診をすることによって虫歯や歯周病にならないようにし、もしなったとしても金属を使わない治療を行うといいでしょう。

セラミック治療はこちらです

▲このページのトップに戻る