歯科の無痛治療

歯科を嫌いな理由の一番が痛いです。
その痛い壁を解決すれば、気軽に歯医者にいけるのではないでしょうか?
かわち歯科クリニックでは、できるだけ痛くない方法、最新機器を取り揃えて、患者さんがほとんど痛みを感じない「無痛治療」を目指しています。

注射の麻酔をする時

注射は痛いですが打つところに塗る表面麻酔をぬって注射をすると痛みがほとんどないです。

歯科治療では麻酔が必要になります。

かわち歯科クリニックではで使用している機材は、電動式で麻酔をすることができ、針を極力細くすることが可能となりました。また注射をする前に表面麻酔を塗るので、当院での麻酔はほとんど痛くありませんので安心して治療を受けることができます。 できるだけ痛くない治療は桑名市のかわち歯科クリニックにおまかせ下さい。

無痛治療のこころえ、歯医者が怖くて行けない方

痛みとは歯を削ったりするときに体が侵襲をうけることによるシグナルでもあります。

 

無痛治療でも削り過ぎない!

痛みとは歯を削ったりするときに体が侵襲をうけることによるシグナルでもあります。

 

最近無痛治療という言葉がいろいろな歯医者さんで多くきかれますが、無痛治療でも痛みがないからといって削りすぎたりしては意味がありません。

 

当院では無痛治療を心がけ、さらに患者さんの歯の削る量も最小限におさえた治療を行っております。

 

歯を最小限に削ることを少なくし、さらに生体の侵襲を極力抑えることが重要です。

もし歯医者が苦手な方がいらっしゃいましたら、一度桑名市のかわち歯科クリニックにご相談ください

 

無痛治療に必要な4つの項目

 

無痛治療に必要な4つの項目

 

 

  • 注射をできるだけ痛くないように表面麻酔を使います。また最新のレーザー治療や最新のセメント治療などの材料を使い歯を削る量を少なくします。これにより麻酔がきれたあとも痛みを少なくすることができます。
  • 歯科医師との信頼関係をつくることも重要です。信頼関係がないと恐怖心が募り痛みを感じやすくしてしまいます。
  • 治療内容を理解していただいてから治療にはいります。治療内容が理解できないまま口の中を削られては怖いですし、不安でたまりません。
  • 痛みが出る前に治療をするといたくありません。痛みが出てからの治療は炎症が強くおきています。痛みが出る前に歯医者さんで治療をする、早期発見、早期治療が痛みをなくす重要なポイントです。

無痛治療の麻酔、及び材料

レーザー治療により、生体組織への侵襲が軽減され治癒も速く、患者さんの治療時間の短縮やストレスの軽減をはかることができる。また妊娠中やアレルギー体質の方も安心して治療をすることができます。


ドックスベストセメントによりできるだけ削らない治療が可能となりました。

表面麻酔をしっかり塗ることで、針の注射ができるだけ痛くありません。

圧力コントロール式自動麻酔注射器を使用することで痛みをなくすことができます。

麻酔の温度コントロールポッドを使用することで体温と同じ温度の麻酔液になり、痛みを感じません。

無痛麻酔の経験者

ホントに痛くなかった

麻酔をしてもらったけど少しドキドキしましたがまったく痛くなかったです。

                                            I、Kさん

また虫歯になったらまた来ます

丁寧に説明をしてくれたので安心して治療を受けることができました。麻酔も痛みを感じることもなくあれっ?って感じでした。麻酔の液が苦いのはまだなれませんがまた虫歯になったらお願いします。

                                            h、kさん

みんなやさしい

スタッフの方や先生が優しいから安心できます。神経の根っこの治療をしましたが痛くなく治療ができました。ありがとうございました。

                                            O、Sさん

声をかけてくれるので安心

いろいろの治療の最中で声をかけてくれるので安心安心!麻酔も痛みなくOK。

                                             SKさん

痛くない麻酔の方法、歯医者が恐い人も大丈夫です。

歯医者さんに行きたくない理由として一番は、なんといっても「痛いから」だとおもいます。当院ではできるだけ痛くないように麻酔をすることを心がけております。

どのようにして痛くなく注射をしていくのでしょうか?

ひとつづつみていきましょう。

STEP1

カウンセリングによる患者さんの緊張感の軽減、不安からの開放

しっかりと患者さんのお話を聞き、治療内容を説明し納得していただくことで治療に対する不安をできる限り取り去ることが大切です。

STEP2

表面麻酔を塗ることで注射の痛みをなくします。

STEP3

麻酔の液の温度を37度程の体温と同じ温度にしておくと痛みが冷たい液よりありません。

STEP4

33Gの極細注射針を使うことで太い針より痛みがないです。

そして自動圧力調整麻酔器により少しづつゆっくり麻酔を打つことで痛みがほとんどなく麻酔ができます。


歯科医院の雰囲気や匂いも重要です

歯医者にいってみたけど待合室から薬の匂いがしてきたり、暗いイメージを持たれる方が多いのは事実ですが、当院では歯医者さんのイメージをなくそうとまずは建物も歯医者らしくない設計にこだわりました。患者さんは各個室で治療ができ、プライバシーも守られ、ガラス張りで歯医者らしくない歯医者をまず見てみてください。

それでまずは緊張感を少しでも開放していただきたく思います。

歯医者さんが苦手な方のために当院では

清潔で美容院みたいな診療室

薬の匂いができるだけこもらないようにすること

治療の機械やみて緊張するような物はできるだけ置かないようにしています。

 

まずは歯医者さんへの恐怖をできるだけなくすようにしていきましょう。

歯医者さん恐怖症の方は一度桑名市のかわち歯科クリニックにご相談ください。

麻酔をする治療としない治療

麻酔は必要がある症例に使用します。麻酔をしなくてもいい小さい虫歯は麻酔の必要はありません。麻酔は薬ですのでできるだけ患者さんの体のことを考え、必要な量を適量入れることを当院では心がけておりますむやみに麻酔をする治療はおすすめしません。

患者さんと相談して総合的に判断して麻酔をするかしないか決めていきます。いきなり麻酔をしたり、いきなり麻酔なしで突然治療に入ることはしませんので安心して相談しながら治療をしていきましょう。

 

麻酔の基準
  • 患者さんの要望
  • 全身のお体の健康状態および妊娠等の状態、時期
  • 虫歯の大きさや治療内容により総合的に判断し麻酔をしていきます。

麻酔がききにくい状態とは?

痛みがあって麻酔をしたけれど麻酔が効かなかったことがまれにあります。

いったいどのような時に麻酔が効きにくいのでしょう。

いろいろな条件下で麻酔の効きが変化します。一番多いケースは・・・

@炎症が強い時 炎症性物質が麻酔の効き目を弱めるために痛い時ほど麻酔が効きにくい場合があります。
A腫れて膿が溜まっている
これも炎症が強いため麻酔の効果が弱まり膿によりさらに麻酔が効きにくくなります。
B骨格がしっかりしている方で、下顎の奥歯が痛いとき
骨がしっかりしていると中まで麻酔の効果が行き届きにくく麻酔が効きにくいことがあります
C自発痛があってズキズキ痛むとき
急性炎症が起きています。麻酔が通常よりも聞きにくい状態となっているので慎重に治療を進めていきます。
D振動、押される感じ
これは麻酔をしても変化はありません。痛みは伴いませんのでご安心ください

 

炎症が強いと麻酔が効きにくい場合があります。そのような場合その日は応急処置にとどめ、後日症状がおさまったところで麻酔をする場合もあります。

その人それぞれ症状が異なりますので相談して治療を進めていきましょう。

▲このページのトップに戻る