虫歯の進行度

虫歯にも進行度により分類されます。
虫歯はC0からC4という虫歯の数字であらわされます。この数字が4に近づくにつれ、虫歯がどんどん進んでいることになります。できるだけ早めの治療が必要になります。
●C0
自覚症状はありません。フッ素などでの予防処置で経過をみていきます。

●C1
黒く自分のでもみつけれるばあいがあります。
●C2
虫歯がすすんで冷たいもので痛みがでることがあります。
●C3
かなり痛いです。根の治療が必要です。
●C4
崩壊状態です。こうなるまえに早めに受診をおすすめします。

虫歯でお悩みなら桑名市のかわち歯科クリニックにお任せ下さい。

 

虫歯の治療

小さい虫歯は虫歯になっている所を詰めるだけなので、治療回数も約1〜2回で終わりますが、もし虫歯を放置して痛くなったあとだと、神経まで虫歯がいっています。この場合は歯の神経の治療が必要になります。こうなると治療回数も大幅に多くなるので注意が必要です。
虫歯がこれを通り越して進んだ場合、歯を抜かなければならない場合も多くなります。
かわち歯科クリニックでは、なるべく歯を抜かない治療を心がけております。できるだけ早めの受診にもご協力ください。自分の歯は自分で守りましょう。

神経のない歯について

歯の神経を抜くとどうなるのか?

神経は冷たいものでしみたりする痛みを伝える役割があります。

また毛細血管が数多くめぐらされており歯にも酸素や栄養を運んでいます。しかし虫歯が進行するとこの神経に細菌が感染し、神経を取らないといけない場合が出てきます。

歯髄を失った歯を失活歯といい、歯髄がある歯は生活歯といいます。

失活歯になったらどのようなデメリットがでてくるのでしょうか?

1、歯がもろくなる

これは歯の神経は歯に養分や水分、酸素などいろいろ送っています。これが途絶えることで歯に栄養が送られなくなり歯がもろくなってしまい、ヒビや歯の破折の原因となります。

 

2、虫歯に気づかなくなる

神経は痛覚の役割があるので、通常虫歯になったらこれ以上虫歯が進むと危険というサインがでますが、神経を取ると虫歯がどんどん進んでも痛みがなく気づきません。

そのうち骨の下まで虫歯が進み、抜歯になることも少なくありません。

 

3、歯が変色する

歯の神経を取ると歯の象牙質に栄養が送られなくなり歯が変色してきます。奥歯ではあまり気にならないかもしれませんが前歯ですと目立つ場合もあります。

 

▲このページのトップに戻る