根管治療

虫歯が大きく神経まで到達している場合などに根の治療が必要になってきます。根の治療は人によってすべて状態が違うので治療期間などは早い場合もあれば期間がかかる場合も少なくありません。

これも大変困ったことがあります。神経が炎症をおこしてて痛みがあり歯医者で神経をとったとします。そうすると治療は途中ですが痛みがなくなってしまうのです。これが問題です。痛みがないので患者さんは来なくなります。そして半年後などにこの根が腐った状態で来院されもう悲惨です

そうすると歯を抜かないといけなかったり、根の治療に1年もかかったりしていき最悪の負のスパイラルに陥ります。

もしあなたが根の治療を始めたときは必ず最後まで歯医者さんに通うようにしてください。もうわたしは悲惨な状態を見たくはないからです。根管治療、歯の根の治療、根の消毒なら桑名市のかわち歯科クリニックにお任せ下さい。

大切なあなた自身の歯を一緒に治療していきましょう。

薬が奥まで入ってない方が予後がいいの?

歯の根管治療、いわゆる根っこの神経をとる治療では神経をとってからお薬を根管に詰めていきます。そのつめ具合によって歯の今後の予後も変わってくると言われています。

まず根管の先までぴったりお薬を詰めるのと、少し手前(アンダーといいます)で詰めるのとではどちらが予後がいいと言われているかご存じでしょうか?

最近ではアンダーでお薬を詰める、いわゆる少し先端から手前で詰めることの方が予後がいいとされています。

ぴったりにこだわり過ぎると根尖をつつきすぎてしまい、感染がおこったり、機械的刺激により噛むといたいという痛みに発展してしまうことがあります。

どちらにしても感染が起こらないことが非常に重要で、抜髄の一回目が特に非常に重要です。何回もやっているからいいというのは間違っています。

抜髄したら新鮮なうちにお薬をできるだけ早く感染しないように入れるかが重要なポイントです。

根管治療は今後の歯の寿命を決める大切な治療となるのでもしお困りであればかわち歯科クリニックにご相談ください。

▲このページのトップに戻る