小児歯科

 小児歯科とは子供それぞれにあった虫歯の予防や虫歯の治療、歯並び治療をその子の成長過程にあわせて行っていきます。

桑名市のかわち歯科クリニックでは、その場しのぎの治療ではなく、その子の今後の成長やその過程を考えたかかりつけの小児歯科として口の中の管理や手助けを全力でサポートさせていただきたいと強く思っております。予防歯科も充実させることによりさらに安心した歯科治療やメンテナンスをうけることができます。

小児歯科でなにかわからないことや気になること、疑問があればお気軽にお声をおかけ下さい。

虫歯菌も知らないうちにあなたから子供にうつっている、うつされている?またその理由とは?

 

 おそらく知って驚かれる方が多いと思いますが、歯周病菌も人からうつるのと同じように虫歯菌も人からうつるという事実をご存知でしたでしょうか?おそらく知らない方がほとんどだと思います。

虫歯というものは虫歯菌が悪さをして歯を溶かして虫歯をつくるわけですが、もともとこの虫歯菌はどこからきたのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんはもともと虫歯菌はいません。それがいつのまにか虫歯菌がお口の中に住み着いて虫歯になってしまうわけです。いったいどこから虫歯菌はくるのでしょうか?

答えは簡単です。

その子供の家族からうつされているのです。多くの場合1歳後半〜3歳くらいの間に離乳食の食べうつしやキスなどにより少しづつうつっていくのです。

この事実を知っている方は少ないと思います。理由はさだかではないですが、このうつりやすい時期を少しでも遅らせることにより、虫歯になりにくくなるデータも報告させています。完全に虫歯菌をもらわないことは不可能です。たとえばこの世の中から風邪をなくすことができないのと一緒です。ですが風邪を引かないようにコントロールすることはできます。それと一緒で虫歯菌をコントロールすることが重要になります。このコントロールする知識を知ってるか知らないかで、今後の虫歯になりやすいかどうかが大きく変わりますのでぜひ知っておいて下さい。

桑名市で小児歯科をおさがしならかわち歯科クリニックにお任せ下さい。

                                かわいい虫歯菌をコントロールする歯科専門の方法とは?

虫歯菌から子供や自分を守る小児歯科専門の方法とは?

 

虫歯菌から身を守る方法とは?

まずはじめに自分の虫歯菌が子供へうつってしまうということは、第一にまず自分のもっている虫歯菌の数を減らすことが非常に有効です。

ではどうやれば虫歯菌を減らせるのでしょうか?歯ブラシだけで虫歯菌は大幅に減らすことはできるのでしょうか?

まず結果から言うと、歯ブラシでも多少菌を減らすことは出来ますが、大幅には期待ができません。なぜなら、歯ブラシで取れない頑固な汚れがついているからです。そのなかに虫歯菌が住みついていて悪さをするというわけです。

では「歯ブラシで取れない汚れはどうやっておとしていくの?」という疑問をもたれる方も多いでしょう。

この汚れは歯科専用の薬剤と機材を使うPMTCというクリーニングで虫歯菌をはじめ歯周病菌をおとすことが可能です。またこれに加え3DSという虫歯菌を徹底的に少なくする特殊な治療方法は非常に有効とされています。かわち歯科クリニックではこれらの治療を導入し行っておりますので虫歯菌を徹底的に少なくしたい方は一度ご相談下さい。

                       かわいい母親から子供への感染ルートをできるだけ少なくする方法とは?

母親から子供への感染ルートを防ぐ方法とは?

まずはじめに子育てをしているお母さんはすごく忙しいです。これはやってみないと分からないと思いますが本当に大変ですごいと思います。ですから育児におわれるこの忙しい時期は歯ブラシがおろそかになることが多く、自分のお口の中の虫歯菌も多くなりがちです。ですから、まず歯ブラシを出来るだけしっかりすることが重要でこれが第一条件になります。

先ほども説明しましたが、次に歯ブラシで取れない汚れをとる歯科での特別な清掃方法のPMTCをすることによってさらに菌を減らせます。

もしお口の中が汚れた状態で赤ちゃんとキスなどのスキンシップや食べ物の口うつしなどをすると虫歯菌が知らないうちにうつっていきます。感染ルートは家族ということは分かっているので、家族みんなで虫歯菌を少なくすれば安心して子育てもできますし、スキンシップもとれるので安心です

もう既に、お子さんが大きくなっている方も、虫歯菌を家族みんなで徹底的に綺麗にしていくことも3DS法をすることにより可能なので一度ご相談下さい。

では次の項目から虫歯菌を少なくする専門的な方法についてご紹介していきましょう。

 

                                  かわいい歯科専用クリーニングのPMTCとは?

 

PMTCとは

PMTCとは、プロフェッショナルティースクリーニングといい歯科衛生士もしくは歯科医師が行う専用のクリーニングです。歯科専用の機材と薬剤を使用することにより、日常の歯ブラシでは落としきれない汚れを取り除くことが可能となりました。

このことにより虫歯菌や歯周病菌を綺麗にすることができ、頑固な着色も落とせることが出来るので見た目の面でも改善することができます。
熟練した歯科衛生士、歯科医師が定期的にクリーニングを行うことにより、口元の見た目の美しさだけでなくて、虫歯菌や歯周病菌などの見えないところ細菌まで除去ができ、虫歯や歯周病の予防ができるのです。このPMTCは歯のエステ感覚と思っていただいた方がいいかもしれません。美容院で髪の毛を手入れするように歯も一緒に手入れして口元を美しくしていきましょう。

                             かわいい虫歯菌を徹底的に殺菌する歯科治療の3DS法とは?

虫歯菌を徹底的に殺菌する歯科治療の3DS治療法とは?現在は取り扱い変更中になります

虫歯菌は一度お口の中に住み着いてしまうとなかなか外にでていってはくれません。そのためにみなさんのお口の中で悪さをして虫歯に悩まされてしまうわけです。

そこで先ほど説明させていただいたPMTCで歯の汚れをとった後にその上から3DS法という専用の歯科治療を行うことで虫歯菌を徹底的に除去することが可能となります
3DSは正式にはデンタル、ドラッグ、デリバリー、システムといわれています。専用のマウストレーに専用の薬剤をひたしお口の中で作用させることにより、あらゆるところに住み着いている虫歯菌を除去することが可能です。これは一度行うと4ヶ月〜6ヶ月効果が持続するといわれており、これを定期的に行うことにより大幅に虫歯になるリスクを低減させることができるのです。

「PMTCだけではダメなのですか?」とよく聞かれます。PMTCだけでも効果はもちろんありますが、3DS法ほど虫歯菌を少なくすることは残念ながらできません。3DS法はそれほど効果が期待できるのです。逆に、「PMTCをしなくて3DSの薬剤だけではだめなんですか?」ともよく聞かれます。これは効果が期待できないのでダメです。たとえて言うと、車の洗車で汚れを落とさずいきなりワックスするようなものです。また髪の毛で言うとシャンプーせずにいきなりリンスやトリートメントするようなものとイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。シャンプーせずにリンスで終わりなんて汚れがおちてなくてスッキリしませんよね。

ですから3DSをするときはPMTCがセットとなってきます(費用は合計5万円になります)。この方法は非常に効果があり、虫歯で悩まされてる方や虫歯予防をしたい方に最適ですので、もしお口の中でお困りでしたら一度ご相談下さいませ。

ぴかぴか(新しい)この方法は効果が非常に期待ができますが虫歯菌を完全にゼロにはできないので虫歯に必ずならないわけではありません。歯磨きをしっかりすることで効果を持続させましょう。

 

                                      かわいい3DSのよくある質問はこちら

3DS治療法のよくある質問

3DS法はなぜ虫歯になりにくくなるのですか?

 虫歯菌の主な原因菌のミュータンス菌を特異的に殺菌することで虫歯菌自体を少なくすることができ、虫歯になりにくくなります。他にも虫歯菌はいるので虫歯にならないわけではないですが、ミュータンス菌の殺菌は非常に高い効果をもたらすので絶大な効果が期待できます。

3DSの効果はどれくらいつづきますか?

 約4ヶ月〜6ヶ月つづくといわれています。永久につづくわけではないので定期的に美容院に行く感覚でPMTCをして3DSをすると効果は抜群です。

どのような人におすすめですか?

 虫歯になりやすい方や過去に虫歯にかったことがある方、歯医者さんが嫌いな人、家族全員で虫歯菌をやっつけたいかたは大変有効なのでおすすめしています。

                               

                               かわいい桑名市のかわち歯科クリニックの小児歯科

 

                               かわいい予防歯科の重要な情報はこちら

 

お気軽にご相談ください
0594-87-6118

 

ご予約、診療時間はこちら

歯やお口のけが

子供はよく動き、元気なために予期しない怪我が多くみられます。その中でもよくあるのが、転んで口をぶつけたり、歯をぶつけたりすることです。たとえ歯をぶつけて症状がでてなくてもあとになって症状がでたりすることがよくあります。そのような場合は歯の神経を傷つけていたりして、まれに永久歯にも影響がでることがあります。もし、歯をぶつけたりした場合は歯科医院をできるだけ早く受診することをおすすめします。

こけてぶつかって歯が動いている、ぐらぐらする

ぶつけたりすることによって歯が折れたり位置が変わったり、歯がぐらぐらになる場合があります。軽度の場合は経過観察することも多いですが、中度〜重度になると、となりの歯と固定してくっつけたりします。例えば腕や足を骨折した場合は固定してギブスをします。それと同じイメージで横の歯と固定するのです。そしてできるだけ安静にして治癒をまちます。その後は症状にもよりますが根の神経の根管治療をする必要が出てくる場合があります。

ぶつけた歯がグレー色、茶色になってきた?

ぶつけた歯の色が変わってきた場合は、歯の神経が死んでしまっている可能性が高いです。神経が死んでしまった歯は色が白色からグレー色、茶色と変わることが多いです。このような場合は根の神経の治療である根管治療が必要になる場合がありますので、早めに歯科を受診するようにしましょう。

 

ぶつかって歯がかけてしまった!?

予期せぬことでぶつかったりして歯が欠けてしまうことも少なくありません。歯のかけかたにもよりますが少しで小さい場合は白いプラスチックでつめて出来ることもあります。大きくかけて神経がでてしまった場合などは根の神経の治療をしなければいけないので、はやめに歯医者さんを受診しましょう。

 

歯が脱臼して抜けてしまった

もし歯が外傷で抜けたら牛乳につけて早く歯医者に行きましょう。状態がいい場合はまた再度くっつく場合がありますので早急に受診してください。

小児歯科治療のお願い

お母さんは子供を歯医者さんにつれてくる時は、歯医者さんに行くということを言って子供をつれてきて下さい。その時決してうそをつかないようにして下さい。

また治療をする際はできるだけ一人で治療室に入っていただくことをお勧めしています。ひとりではいることによってお子様の自立心をやしなうことができます。そして治療が終わった後は、泣いたりできなかったりしてもしっかりとほめてあげて下さい。

麻酔をした場合は、2〜3時間麻酔がきいていますので唇を噛まないように注意をしましょう。

また小児歯科の治療のまえはもどさないように、できるだけ満腹はさけることをおすすめします。

                                    かわいい予防歯科はこちらをクリック

                                    かわいい歯並び矯正治療はこちら

 

  

小児の哺乳びん虫歯

まれにですが2歳になっても哺乳瓶で乳製品やジュースをいれて飲ませている方がいますが、よくありません。

小児の虫歯  哺乳瓶による虫歯

 

哺乳瓶でこのようなことを頻繁にしていると虫歯が多発してしまうことがあります。しっかり歯ブラシをすれば虫歯にならないのですが、飲ませた後にはだいたい多くの場合、寝かしてしまうことが多いようです。そうすると、上の歯の前に虫歯が多く出来てしまうことがあるので注意が必要です。

特にそのまま寝てしまった場合は誰でもそうですが寝ている間は唾液の量が少なくなるためお口の中が乾燥してしまいます。

唾液というのは抗菌作用、自浄作用があるため虫歯になりにくいように作用しています。それが寝ている間には少なくなるので虫歯になりやすくなるわけです。

ですから小児の寝かしつけの前はしっつかりと歯磨きをして寝かせるようにしましょう。また哺乳瓶も少しづつ卒業できるように練習していきましょう。

かわち歯科クリニックではこの他いろいろなアドバイスを行っておりますので、わからないことなどありましたら気軽にご相談下さい。小児歯科をお探しなら桑名市のかわち歯科クリニックにおまかせ下さい。

小児の指しゃぶりで注意すること

赤ん坊の指しゃぶりは、人間の原始反射なのでふつうのことですが、3歳、4歳、5歳となってもつづけている場合があります。これは後に問題になるので注意が必要です。

それは今後の歯並びに影響がでてくるのです。指しゃぶりをつづけていると結論からいうと出っ歯になります。指で歯が押されてしまい出っ歯になるのです。少しづつ歯が動いていくので、気づかないうちに歯が動き、いつの日か気づくことがほとんどです。

ですから指しゃぶりを4歳くらいになってもしているお子さんは注意が必要なのできおつけましょう。どうやってやめさせるかが難しいですが、もう既にくせで習慣になってしまっているので気長になおしていかないといけません。もし指しゃぶりをしていたら、注意をするのですが、あまり怒らないでやさしくいいましょう。そして子供本人にしゃべりかけるのではなく、指にしゃべりかけましょう。例えば「この指は悪い指ねー、やっつけちゃえー」とかいろいろありますがやさしくいってあげて下さい。

そのほかいろいろなアドバイスもしていますので小児歯科のご相談なら桑名市のかわち歯科クリニックにおまかせ下さい。

▲このページのトップに戻る