綺麗な被せ物や入れ歯製作、差し歯を作るためには歯科技工士がいることが重要

いきなりですが質問です。みなさんは、差し歯や入れ歯、銀歯が歯医者さんで型取りした後に、どうやってつくられるか知っていますか?実はほとんどの多くの歯科医院は技工所というところに出してつくってもらってるのです。歯医者が診療が終わってからつくっているのではないのです。歯科技工所では歯科技工士というプロが銀歯や入れ歯や差し歯を一生懸命つくっているのです。

歯科医師も差し歯づくりや入れ歯づくりなどの基本は教科書的に理解はしていますが、歯科技工士さんにはおよびません。そのくらい技工士のプロの技というものは違うのです。歯科技工士さんは歯科医師から型取りしたものを受け取り、それを元に技工士が差し歯や入れ歯や銀歯を作るわけです。例えば家を造るのに、歯医者は設計する設計士、それを建築し、形にしていくのが歯科技工士といったところです。

ですから、歯医者さんはもちろん患者さんにとっても非常に重要で大切な存在になりますので、やはりここは信頼できる歯科の匠の歯科技工士さんに、製作をしてもらいたいところになります。そして私は歯科技工所を探し回りました。

そして長い間探し続けた結果、私は幸いにも信頼のできる最高の歯科技工士に出会うことができました。これは私は患者さんに安心できる治療を提供でき、私自身も安心して治療をすすめることができると確信しました。

歯科技工士は歯科医院や患者さんにとって入れ歯や差し歯、被せ物を作る大変重要な立場にあります。あなたからは見えない技工士さんもあなたの見えないところで頑張っているのです。

かわち歯科クリニックでは選び抜かれた洗練された匠の歯科技工士と連携をしているので安心して治療を受けることができます。被せ物、入れ歯、差し歯ならかわち歯科クリニックにおまかせ下さい。

 

▲このページのトップに戻る