口臭のいろいろ

口臭のいろいろ

口臭は真性口臭症、仮性口臭症、口臭恐怖症があって、この中で実際に口臭があるのは真性口臭症です。


仮性口臭症、口臭恐怖症はは口臭が実はないのにもかかわらず口臭があると思ってしまっている心因性の口臭症です。

 

真性口臭症は実際に口臭がある口臭でこのなかでも生理的口臭と病的な口臭に分けられます。

 

生理的口臭は通常だれにでもある口臭でありとくにお口が乾燥している朝起きたときや緊張していると

き、空腹の時、飲食後などにおきる部分的口臭です。

 

また思春期や更年期、生理、妊娠などホルモンバランスがくずれるときにも口臭がでることがあります。

 

ほとんどの原因が唾液の分泌が減少して口臭の原因の揮発性硫黄化合物VSCが産生されるためです。

 

これを抑制し病的口臭の原因でもある虫歯、歯周病などの口腔内環境を綺麗にしてあげることで80%から90%の口臭はなくなります

 

その他全身的疾患からくる口臭もあるのでその場合は体の状態を整えてあげることが重要です。

 

肝臓、腎臓、胃、などの内蔵に疾患がある場合や糖尿病、蓄膿でも口臭は出現します。

 

まずはお口の中の原因が80%以上の殆どをしめますのでお口の中の環境を順に治療していくことが重要です。

 

口臭治療なら桑名市のかわち歯科クリニックにお任せください。

 

 

▲このページのトップに戻る