舌の重要な役割とは?

口の中の大部分を占めている舌ですが、どのような役割があるのでしょう。

美味しいものや苦いもの、甘いものなどを感じる味覚が大きな役割のひとつですが、実は舌には隠された役割があるのをご存じでしょうか?

舌は思った以上に働き者なんです!!

例えば・・・・

食べ物を飲み込むことです。これは舌が食べ物を食道に送り込む重要な動きをしているからのみこめるのです。

また食べ物を歯の上に誘導することで咀嚼を助けたりする役割もあり、唾液と食べ物を混ぜ合わせることで食べ物を消化しやすくすることもしています。

高齢になると唾液の量が少なくなったり、舌の動きが鈍くなるため食べにくくなるのはこのためなのです。

 

発音にも舌が役立っていることもご存じでしょうか?細かな舌の動きや口の中の共鳴に役立っています。舌は細かな動きをして異なった音を出す重要な役割を持っています。

また歯並びにも大きく影響を与えることをご存じでしょうか、舌癖があると歯並びが押し出されたりして出っ歯になってしまったりします。

このように舌は重要な働きをしているため異常が見られたら早めの受診をおすすめしています。

▲このページのトップに戻る