歯の数と認知症との関係

歯の数と認知症との関係があるのはご存じでしょうか?

65歳以上で自分の歯がなくて入れ歯も使っていない人は、20本以上自分の歯を持っている人に比べて1.9倍認知症になりやすいことが厚生労働省の調査で分かりました。

歯がないことで噛む筋肉で脳への刺激が減り、認知症になりやすいため早めの歯科医院の受診で予防することが大切です。

桑名市で歯科、予防歯科ならかわち歯科クリニックにおまかせください。

▲このページのトップに戻る